本文へスキップ

最新の活動報告Latest report

第7回 酸化グラフェンシンポジウム

 第7回 酸化グラフェンシンポジウムは、たくさんの方のご参加とともに、大盛況のうちに終了しました。

平成28年12⽉16⽇(金)
場所:姫路商工会議所 501ホール(講演)、605会議所(ポスター)

<ポスター賞受賞者>
森奥久実加(岡山大RCIS)
仙田貴滉(千葉大院・工)
平川あい(佐賀大院工)


<プログラム>


10:30-10:40 開会の挨拶

10:40-11:10 森本 直樹(岡山大学)
酸化グラフェンの構造解析 -基礎から最先端の分析まで-

11:10-11:40 後藤 和馬(岡山大学)
固体NMRによる酸化グラフェン及び関連物質の研究
      
11:40-13:00 昼休み
       
13:00-13:30 高井 和之(法政大学)
酸化グラフェンの磁性と触媒活性との相関(仮題)
       
13:30-14:00 土屋 敬志(NIMS)
酸化グラフェンを基盤とするナノイオニクスデバイスを用いた物性制御

14:00-14:30 程 騫(NEC)
酸化黒鉛由来グラフェンライクグラファイト(GLC)のリチウムイオン電池への適用
      
14:30-15:00 杉本 渉(信州大学)
配向性と細孔構造を制御したグラフェン電極の電気二重層キャパシタ特性
      
15:00-15:15 休憩
       
15:15-16:15 Siegfried Eigler(Freie Universität Berlin)
Graphene functionalized by oxo-addends-Chemistry beyond graphene oxide
      
16:20-17:50 ポスターセッション

18:00-20:00 懇親会


 シンポジウムで発表されたスライドは、会員様のみ閲覧することができます。左上の「講演資料」のリンクよりご覧ください。

































































酸化グラフェン研究会

〒860-8555 熊本県熊本市中央区黒髪2丁目39-1
TEL : 096-342-3678
FAX : 096-342-3679
E-mail:gokenkyu*chem.chem.kumamoto-u.ac.jp

index.htmlへのリンク