日本コンピュータ化学会2017秋季年会

主催:日本コンピュータ化学会

共催:日本化学会

協賛(五十音順):高分子学会、錯体化学会、CBI学会、触媒学会、

         日本分析化学会、日本薬学会、光化学協会,分子科学会

 

*プレシンポジウム

「コンピュータ化学の将来

 -歴史と経験から学び、人材を育成する-」
開催日 2017年10月20日(金)

会場 熊本大学工学部百周年記念館

〒860-8555 熊本市中央区黒髪2丁目39-1

    TEL 096-342-3650

特別支援

サイエンスライター

佐藤健太郎 先生

化学全般に精通しているが、特に薬となる分子を中心に有機化学の美しさを伝える達人。国道の達人でもある。

Webサイト「生活環境化学の部屋」 http://www.ecosci.jp/ 主宰

本間善夫 先生

生体分子を中心に分子の美しさを探求し、私たちに面白く伝えてくださる達人。

分子をプリントした素敵なTシャツ(レアもの)がよく似合う先生。

熊本大学教授

國武雅司 先生

原子を上手に並べて、それを特殊な顕微鏡で見る達人。アニメや映像系にも詳しい。

熊本大学助教・JSTさきがけ研究者

船津麻美 先生

不思議な原子のシートを作り、それで社会の役に立つ物質を作る達人。期待の若手女性研究者。

開催日 2017年10月21日(土)〜22日(日)

会場 くまもと県民交流館パレア

   パレアホール

         (テトリアくまもとビル 10F)

〒860-0808 熊本市中央区手取本町8−9

    TEL 096-355-4300

2016年熊本地震前の熊本城

(熊本市役所からの風景)

• 発表申込〆切 8月21日(月)

        (延長しました。)

• 発表要旨投稿〆切 9月21日(木)

• 事前参加登録〆切 9月21日(木)

宮本武蔵肖像(一部) 島田美術館所蔵

ブース展示

協 賛