日本コンピュータ化学会2017秋季年会

主催:日本コンピュータ化学会

共催:日本化学会

協賛(五十音順):高分子学会、錯体化学会、CBI学会、触媒学会、

         日本分析化学会、日本薬学会、光化学協会,分子科学会

 

*プレシンポジウム

「コンピュータ化学の将来

 -歴史と経験から学び、人材を育成する-」
開催日 2017年10月20日(金)

会場 熊本大学工学部百周年記念館

〒860-8555 熊本市中央区黒髪2丁目39-1

    TEL 096-342-3650

特別支援

特別講演 講師紹介

熊本大学大学院先端科学研究部 教授

櫻井保志 先生

大規模データを用いて自然現象や社会現象の時間発展をリアルタイムに解析し、社会活動を最適化するための先駆的な技術の開発に取り組んでいる気鋭の研究者。元NTT研究員で、IoTビッグデータ解析技術の開発を中心に、先駆的な研究を展開。

東京大学大学院工学研究科 教授

船津公人 先生

化学および化学工学に関わる予測と設計に関する諸問題を、ケモインフォマティクス(化学情報学)を武器に、シミュレーションを通して解決する研究を行っている、ケモインフォマティクス分野の第一人者。

開催日 2017年10月21日(土)〜22日(日)

会場 くまもと県民交流館パレア

   パレアホール

         (テトリアくまもとビル 10F)

〒860-0808 熊本市中央区手取本町8−9

    TEL 096-355-4300

2016年熊本地震前の熊本城

(熊本市役所からの風景)

• 発表申込〆切 8月21日(月)

        (延長しました。)

• 発表要旨投稿〆切 9月21日(木)

• 事前参加登録〆切 9月21日(木)

宮本武蔵肖像(一部) 島田美術館所蔵

ブース展示

協 賛