第47回構造活性相関シンポジウム

期間: 2019年12月12日(木)〜13日(金)

会場: 熊本市民会館

主催: 日本薬学会構造活性相関部会

 

 以下の要領で、第47回構造活性相関シンポジウムを開催いたします。薬学・農学分野の構造活性相関研究、およびそれに関連するケモインフォマティクス、バイオインフォマティクス 、マティリアルズインフォマティクス関連の研究者の皆様の多数のご参加と、活発な討論、情報共有をお願い致します。

 今回のシンポジウムでは、QSAR研究の学術基盤の再考と将来展望、創薬研究・農薬研究での新展開、AI応用の現状と展望、などの特別セッションも設ける予定です。関連テーマを含め、挑戦的な研究に取り組んでおられる若い研究者、学生の皆さんも是非奮ってご発表ください。

 

【1】討論主題

(1)定量的構造活性相関手法の開発と応用

    ① 基本パラメータ・基本手法・情報数理的アプローチ

    ② ADME(吸収・分布・代謝・排泄)特性

    ③ 毒性・環境毒性

(2)生理活性物質のインフォマティクス技術の開発と応用

    ① 活性評価手法1

    ② 構造解析手法

    ③ 分子設計(構造展開)技術

    ④ 医薬品開発

    ⑤ 農薬開発

(3)生理活性物質解析・探索のためのin silico技術の開発と応用

    ① 薬物-受容体相互作用計算

    ② バーチャル・スクリーニング

    ③ 機械学習・人工知能(データ予測を含む)

    ④ 分子情報処理(データベースを含む)

    ⑤ 量子化学計算

    ⑥ 分子動力学計算/モンテカルロ計算

    ⑦ バイオインフォマティクス

 

【2】発表形式

    基調講演セッション

    特別セッション (特別講演/招待講演と一般講演からなる)

    一般口頭発表セッション

    ポスター発表セッション

    の4部構成とする予定です。

    * 口頭発表とポスター発表を募集します。

    * 口頭発表は特別セッションに割り当てられる場合があります。

 

【3】依頼講演(基調講演・特別講演・招待講演)

    基調講演

    大田雅照 先生(理化学研究所 上級研究員/日本薬学会構造活性相関部会 部会長)

     「生理活性物質の創製におけるインシリコ技術 ―その価値と可能性―」


    特別講演

    塚本佐知子 先生 (熊本大学大学院医学薬学研究部 教授)

     「天然有機化合物の構造多様性と生物活性」

    広野修一 先生 (北里大学薬学部 教授)

     「In Silico創薬基盤技術としてのFragment Mapping法の開発とその応用」

    金谷重彦 先生 (奈良先端科学技術大学院大学 教授)

     「二次代謝物の生合成経路の悉皆的解析を目指したデータサイエンス」

    中川好秋 先生 (京都大学大学院農学研究科 准教授)

     「リガンドー受容体複合体をもとにした農薬の分子設計とHansch-Fujita法による最適化」

 

    招待講演

    赤松美紀 先生 (京都大学大学院農学研究科 准教授)

     「QSARの始まり・現在・未来」

    飯島 洋 先生 (日本大学薬学部 教授)

     「創薬研究現場と構造活性相関:実験屋からのretrospective, できればperspective」

    大川和史 先生 (旭化成ファーマ株式会社 合成化学研究部・ユニットリーダー)

     「AIで広がる創薬研究」

 

【4】発表申込

(1)申込方法: 発表申込ページ にて、必要事項を入力してください。

(2)発表形式: 口頭発表 または ポスター発表

(2)申込方法: シンポジウム・ホームページ(HP)にて申し込んでください。

(3)書類提出: 発表者はA4サイズの講演要旨を提出してください。(書式はHPを参照)

(4)審査について: 審査希望の口頭発表,ポスター発表から,優れた発表数件に対して,賞(SAR award)を授与します。

           ただし,審査対象は,登壇者が

              (i) 45歳以下,(ii)日本薬学会の会員 or 受賞後に日本薬学会への入会を確約できる方,

           の両方の条件を満たす発表です。

(5)発表申込期間:      7月23日(火)-9月 8日(日)

(6)講演要旨投稿期間:  8月27日(火)-10月31日(木)

 

【5】参加登録

(1)事前登録: 参加登録ページ にて行い,期日までに入金してください。

(2)事前登録締切日:    11月 15日(金) (以降は当日,受付にて登録してください.)

(3)参加登録費: (早期割引期間: 7/23-10/18)  [一般]   8,000円, [学生] 2,000円

          (通常期間: 10/18-11/15)  [一般]   9,000円, [学生] 3,000円

          (当日)            [一般] 12,000円, [学生] 5,000円

*入金後の返金はご容赦ください。

*11/16以降に申込いただいた場合については、以下のように対応させていただきます。

 ・ 当日料金とさせていただきます。

 ・ 申込キャンセルされても参加費を申し受けます。

 ・ 氏名所属などを印刷した名札、配布資料を当日お渡しできない可能性もありますので、ご容赦ください。

 

【6】懇親会

*当初予定していた懇親会場を利用できなくなったため、料金を改定(減額)しました。(7/21記)

[会場] 熊本市民会館レストラン 勧業館食堂 
(1)事前申込: 参加登録ページ にて行い,期日までに入金してください。

(2)事前申込締切日:    11月 15日(金) (以降は当日,受付にて申込してください.)

(3)参加費:   (早期割引期間: 7/23-9/30) [一般] 5,000円,[学生] 3,000円

        (通常期間:10/1-11/15)  [一般] 6,000円,[学生] 4,000円

        (当日)             [一般] 8,000円,[学生] 5,000円

*入金後の返金はご容赦ください.

*11/16以降に申込いただいた場合については、以下のように対応させていただきます。

 ・ 当日料金とさせていただきます。

 ・ 申込キャンセルされても参加費を申し受けます。

 ・ 11/15までの申込者と会場の都合により参加をお断りする場合もございますので、予めご了承ください。

 

【7】問合せ先

〒860-8555 熊本市中央区黒髪2丁目39-1

熊本大学大学院先端科学研究部 杉本研究室内

第47回構造活性相関シンポジウム 実行委員会

実行委員長 杉本 学

e-mail: qsar2019(at)chem.kumamoto-u.ac.jp   (at はアットマークに置き換えてください)

URL: https://www.chem.kumamoto-u.ac.jp/~qsar2019/

 

以下の募集をしております。

(1)協賛企業・団体

(2)ブース展示・ポスター展示

   申し込み受付中
(3)広告掲載

(4)ランチョンセミナー

 

 支援

   熊本国際観光コンベンション協会

Copyright 日本薬学会構造活性相関部会及び第47回構造活性相関シンポジウム実行委員会 (実行委員長:杉本 学・熊本大院)

All Rights Reserved.